ポートフォリオ一覧

2024年02月29日現在

中核資産オフィス ホテル

その他 商業施設・住宅

アセット
タイプ
物件名 所在地 ホテル
グレード
客室数 取得価格
(百万円)
(注1)
(注2)
投資
比率
(%)
(注3)
建築時期 賃貸
可能面積
(㎡)
(注4)
         
オフィス 東京汐留ビルディング 東京都港区

82,539
(注5)
17.6
2005年01月
71,806.84
オフィス 神谷町トラストタワー 東京都港区

51,660
(注6)
11.0
2020年03月
13,479.44
(注6)
オフィス ONビル 東京都品川区

39,900
8.5
1990年11月
20,654.60
オフィス 紀尾井町ビル 東京都千代田区

34,300
7.3
1989年11月
24,748.48
オフィス 仙台MTビル 仙台市宮城野区

15,800
(注7)
3.4
1999年03月
39,010.23
(注7)
オフィス 大崎MTビル 東京都品川区

14,386
(注8)
3.1
1994年07月
24,495.21
オフィス 御堂筋MTRビル 大阪市中央区

10,170
2.2
1999年03月
15,129.16
オフィス 広尾MTRビル 東京都渋谷区

8,100
1.7
1992年11月
4,946.36
オフィス 天神プライム 福岡市中央区

7,050
1.5
2008年03月
5,990.40
オフィス 新横浜TECHビル 横浜市港北区

6,900
1.5
【A館】1986年02月
【B館】1988年02月
18,117.03
ホテル シャングリ・ラ 東京 東京都千代田区
ラグジュアリー 200
(注9)
49,200
10.5
2008年11月
22,755.55
ホテル ヒルトン小田原リゾート&スパ 神奈川県小田原市
アッパーアップスケール 163
(注10)
7,100
(注11)
1.5
1997年10月
(注12)
25,302.83
(注13)
ホテル ホテルオークラ神戸 神戸市中央区
アッパーアップスケール 468
19,000
4.0
1989年03月
72,246.86
ホテル コートヤード・バイ・マリオット 東京ステーション 東京都中央区
アップスケール 150
(注10)
17,017
(注14)
3.6
2014年2月
5,255.05
(注15)
ホテル コートヤード・バイ・マリオット 新大阪ステーション 大阪市淀川区
アップスケール 332
(注10)
17,400
3.7
1997年3月
13,881.47
(注16)
ホテル ホテルサンルートプラザ新宿 東京都渋谷区
アッパーミッドスケール 624
32,500
6.9
2007年8月
21,248.23
商業施設 渋谷フラッグ 東京都渋谷区

32,040
6.8
2009年08月
5,983.86
商業施設 イトーヨーカドー湘南台店 神奈川県藤沢市

11,600
2.5
2002年11月
53,393.66
商業施設 橋本MTRビル 相模原市緑区

7,460
1.6
2005年08月
40,283.77
商業施設 フレスポ稲毛 千葉市稲毛区

2,100
(注17)
0.4
-
39,556.71
住宅 パークレーンプラザ 東京都渋谷区

3,200
0.7
1988年06月
4,443.03
合計 - - - -
(注1) 「取得価格」は百万円未満を切り捨てて表示しています。
(注2) 「取得価格」は、当該不動産等資産の取得に要した諸費用(売買媒介手数料、公租公課等)を含まない金額(売買契約書等に記載された売買価格)を記載しています。ただし、MTHが保有していた物件については、MTHとの合併時の受入価格である2023年2月期末時点での鑑定評価額を記載しています。
(注3) 「投資比率」は不動産等資産の取得価格の合計に対する各資産の取得価格の比率をいい、小数点第2位を四捨五入し記入しています。
(注4) 「総賃貸可能面積」には、不動産等資産の主たる用途として賃貸の用に供することが可能な部分の面積のほか、当該主たる用途以外の用途(事務所、店舗あるいは倉庫等)に供することが可能な部分の面積も含むものとし、これらの合計面積(共用部分等を賃貸している場合には当該面積を含みます。)を記載しています。なお、東京汐留ビルディングについては、建物の総賃貸可能面積(191,394.06㎡)に本投資法人の共有持分(1,000,000分の375,178)を乗じた面積を記載しています。大崎MTビルについては、建物の総賃貸可能面積(26,980.68㎡)に本投資法人の共有持分(1,000,000分の907,880)を乗じた面積を記載しています。
(注5) 「東京汐留ビルディング」の取得価格は、2021年7月1日と2021年10月1日に共有持分の一部を譲渡したため、当該物件全体の取得価格である110,000百万円の75%に相当する価格を記載しています。
(注6) 神谷町トラストタワーの取得価格及び賃貸可能面積は、2021年7月1日(13,980百万円)、2021年10月1日(13,980百万円)及び2023年3月1日(23,700百万円)の各取得価格の合計額を記載しています。 
(注7) 「仙台MTビル」の取得価格及び賃貸可能面積は、 2023年8月31日及び2024年2月29日の追加取得を考慮して記載しています。
(注8) 「大崎MTビル」の取得価格は、2005年3月31日(7,870百万円)、2005年10月28日(5,656百万円)及び2015年1月30日(860百万円)の各取得価格の合計額を記載しています。
(注9) 販売可能客室数を記載しています。
(注10) ホテル全体の総客室数(他の準共有者の持分を含む)を記載しています。
(注11) 「ヒルトン小田原リゾート&スパ」に係る取得価格は、本投資法人が保有する信託受益権の準共有持分100分の50に相当する数値を記載しています。
(注12) 「ヒルトン小田原リゾート&スパ」のうち、主たる営業用の建物である本館棟、バーデ棟、スポーツ棟の建築時期を記載しています。その他の主たる営業用の建物であるチャペルの建築時期は2004年10月です。
(注13) 「ヒルトン小田原リゾート&スパ」の賃貸可能面積は、信託受益権の対象となる賃貸可能面積50,605.67㎡に本投資法人が保有する当該信託受益権の準共有持分100分の50を乗じて小数第3位を切り捨てた面積を記載しています。
(注14) 「コートヤード・バイ・マリオット 東京ステーション」に係る取得価格は、本投資法人が保有する信託受益権の準共有持分1,000分の935に相当する数値を記載しています。
(注15) 「コートヤード・バイ・マリオット 東京ステーション」の賃貸可能面積は、信託受益権の対象となる賃貸可能面積5,620.38㎡に本投資法人が保有する当該信託受益権の準共有持分1,000分の935を乗じて小数第3位を切り捨てた面積を記載しています。
(注16) 「コートヤード・バイ・マリオット 新大阪ステーション」の賃貸可能面積は、当該賃貸借契約に定める賃貸面積「18,758.75㎡の100分の74」に従い、一棟の賃貸面積18,758.75㎡に本投資法人の信託受益権の対象となる持分100分の74を乗じて小数第3位を切り捨てた面積を記載しています。
(注17) 「フレスポ稲毛」にかかる信託不動産は土地のみであり、建物は含まれていません。
「フレスポ稲毛」の取得価格は、2012年2月29日に信託土地の50%を譲渡したため、当該物件全体の取得価格である4,200百万円の50%に相当する価格を記載しています。